名張の個別指導学習塾
名張理数研

ロボット教室で図形問題のセンスを身につけよう!

学校の成績は比較的良いのに、図形問題になるとまったく出来ないという生徒は多いです。そのために志望校をワンランク下げている生徒も珍しくありません。一方で、成績がいまいちでも図形問題を解かせると、難問でもスラスラと解く生徒もいます。この違いは、幼少期にブロックや積み木、プラモデルなどで立体を作った経験の差が大きく影響しています。この経験の差が図形を頭に正確に思い描けるかどうかを左右します。

現在では、子どもの玩具もIT化が進み、子どもたちが現実の世界でものを組み立てるという経験が我々が子供だったころにくらべると減っています。したがって、より一層図形的な処理能力が低下する恐れがあります。

名張理数研ではそういった経験を補うため、ロボット教室を開講しています。最初はできなくていいので、図面を見ながら、「こうかな?ああかな?」となやみながら、ロボットを組み立てていきませんか?

脳を鍛えながら先端技術にふれることもできるという最高の教材です。

お知らせ

募集定員が残り4名となっています。定員に達しますと、当面の間受け入れが困難になりますので、ご検討中の方はお早めにお申し込みください。

ロボット教室

子供たちに「感動」と「驚き」を!!

高橋智隆先生

レゴブロックのような材料とモーターやセンサー、スイッチ等をテキストにそって、ロボットを自分の手で作り、さらにできあがったものを自分の好きなようにアレンジして、全国の子供たちとロボットの性能について競いあったりすることもできます。

このレッスンを通して、学校やご両親が指導しにくく、受験問題等ではよく出題される空間認識能力の強化をはじめ、想像力、創造力、論理的思考力を磨くのに最適な講座です。

このレッスンのアドバイザーはロボットクリエイターとしてメディア等にも多数出演の高橋智隆先生で、ロボット工学の導入部分がしっかりとつまったレッスンです。

高橋智隆先生プロフィール

ロボット教室

ヒューマンキッズサイエンスアドバイザー
高橋智隆(たかはしともたか)

ロボットクリエイター

1975年3月27日大阪府生まれ。

比叡山中学校、立命館高等学校を経て、1998年に立命館大学産業社会学部を卒業。翌年、京都大学工学部に入学。在学中に2足歩行ロボットを発明し、関西テクノアイデアコンテストグランプリを受賞。2003年に物理工学科メカトロニクス研究室を卒業。同年に、「ロボ・ガレージ」を創業し、京大学内入居ベンチャー第一号となる。2004年には代表作「クロイノ」が米タイム誌で「最もクールな発明」に選ばれ、ポピュラーサイエンス誌では「未来を変える33人」の1人に選ばれる。ロボットクリエイターとして、ロボットの研究、設計、デザイン、製作を手がけている。代表作に「クロイノ」「FT」「ネオン」、NHK「えいごルーキーGABBY」に登場するGABBY、共同開発作品に「VisiON」「マノイPF01」「EVOLTA」「鉄人28号」「タチコマ」「援竜」など。

【主なテレビ出演等】

TBS系「情熱大陸」「超人」「NEWS23」

NHK「トップランナー」「ビジネス未来人」

フジテレビ系「笑っていいとも」、ユニクロCM 他

【著作】

「ロボットの天才」(2006メディアファクトリー)

授業の様子(実際に制作するロボットたち)