名張の個別指導学習塾
名張理数研
2016年04月25日

勉強の方法

成績の良い人とそうでない人の違いはなんでしょうか?

成績が良い人はみなさんが言うところの「頭の良い人」なんだろうと思いますが、その「頭の良い人」くらいだったらみなさんも絶対になることができます。まず、頭の良い悪いを決めるものはなんでしょうか。

 

ひとつは勉強方法にあります。塾で子供たちの指導にあたると面白い傾向を目の当たりにします。それは「成績のよくない子ほど、答案を隠そうとする。」ということです。塾に来ている目的は何でしょうか?分からないところやできないところを学びきているはずです。つまり、目的と行動が一致していないのです。そこそこの成績の子の場合、そういう子を目にすることはありません。

 

自信のなさがそうさせているのでしょうが、「頭の良い人」も何も教わらずにできるようになったわけではありません。同じように隠したくなるような答案を最初は書いています。その間違えたところを、誰かに教わったりするわけです。そのためには、その隠したくなるような答案を誰かに見せなければ何もはじまりません。つまり、「頭の良い人」はまわりの協力をうまく利用できる人です。本当に分からないのだったら、知っている人に聞くのが一番です。

 

保護者の方も、テストの点数だけみてお子様を非難したりしていませんか?もしそうであれば、子供たちが答案を隠そうとするのも合点がいきます。もし、そのようにお子様にしているようであれば、ただちにやめてください。特に定期試験なんかは、点数が上がった下がっただけを見ているのはアホとしか言いようがありません。中間テスト40点でした(但し平均点は30点)。そして次の期末は70点(但し平均点は80点)でした。これで、点数が上がったと判断するわけにはいきません。みなさんにとって、テストは入試本番を除けばどこが出来なかったのかを知ることが目的です。点数が何点であろうが全く関係ありません。ただ保護者の方は普段の仕事などでお忙しいでしょうから、その部分の役目を我々におまかせください。

 

そして生徒のみなさんは出来なかったところを、ひとつひとつできるようにしていってください。その一番の近道はできる人に見てもらうことです。そうしてもらえれば、「○○さんにはこんな練習が必要だよ。」ということが言えるのです。

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
名張理数研
http://www.nabari-risuken.jp/
住所:三重県名張市栄町2933-9
TEL:0595-63-3820
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇